girlsbook

松田聖子(53)慶応大学医学部准教授のK氏(52)と離婚へカウントダウン…聖子とマネージャーの不審な関係とK氏の愛人疑惑

View2,809 コメントまだありません

Tag:

Pocket

松田聖子

このニュースをまとめると…

松田聖子(53)が3度目の夫の慶応大学医学部准教授のK氏(52)と離婚するのではないかと噂になっている。原因は聖子と11歳年下のマネージャーの交際疑惑で、これがきっかけとなり2人の間に亀裂が入った。しかし、聖子にとって3度の離婚はイメージが悪い。また、K氏にも愛人疑惑があり、すぐにでも離婚したいが、今は教授になるために離婚を我慢しているという。

ニュース記事

松田聖子離婚へカウントダウン “W不審な関係”が原因か!

歌手生活35周年目を迎えている松田聖子(53)が、3度目の夫の慶応大学医学部准教授のK氏(52)と離婚するのではないかと噂になっている。

聖子とK氏が結婚したのは2012年6月。聖子が治療に通った大学病院でK氏が担当し、イケメンで神田正輝に似ていたことで一目惚れしたという。当時、K氏には妻子がいたが、聖子の猛アタックを受けて聖子を選んだ。「新たな人生を歩きだします」と、誓った聖子だったが、その数カ月後に11歳年下のマネージャーと深夜のコンビニで、親密そうに買い物をするところを報じられてしまう。聖子とマネージャーは前々から交際しているのではないかという噂があり、聖子の家で同居生活を送っていた時代もあった。そしてマネージャーは、聖子が結婚して自宅を出て行った後も、聖子の自宅に住んでいたという。しかし、このマネージャーの行動に、聖子の事務所の代表を務める兄や役員の母、娘の神田沙也加(28)が猛反発し、マネージャーは2013年末で解雇された。これが原因で、聖子と沙也加の親子関係は壊れたままだという。

それでも、聖子と元マネージャーは14年1月末にロサンゼルスへ旅行に出掛けている。さらには、そこへ夫のK氏が合流し、周囲を困惑と混乱に陥れた。そして、聖子はその元マネージャーと昨年3月に新事務所を設立。大手プロダクションから独立し、25年間も家族と続けてきた事務所を退社、再びマネージャーと二人三脚で仕事を開始した。「元マネージャーとのロス旅行に関しては、K氏には『残っていた仕事があったから』と説明していたようです。けれど、K氏は納得していない。それが夫婦の関係に亀裂を生んだようです。聖子にとって3度の離婚はイメージが悪い。だから離婚したくないと考えている。いま、彼の病院への出勤には、聖子が運転手付きのベンツを用意しているそうです」(女性週刊誌記者)

聖子とマネージャーの不審な関係がある一方で、K氏にも愛人疑惑があるようだ。
「教授になろうとしているK先生が離婚を我慢している感じです。教授になれば、すぐにでも離婚するでしょう。いま、騒ぐと、お互いに愛人がいるから大スキャンダルになる。それを恐れている」(病院関係者)

12年には1万3千円という価格で行われていた聖子のファンミーティングだが、今年4月中旬に3年ぶりに開かれた際の価格は3千円。それも、厳戒体制の中で行われている。他にも裏では色々な問題が起こっていそうだ。

週刊実話 掲載日時 2015年05月15日 12時00分
http://wjn.jp/article/detail/0643188/

松田聖子プロフィール

松田 聖子
5121027331855dd18639f25de09c065f

1980年代を代表するアイドル
松田聖子は1980年代を代表するアイドル歌手である。1980年に、「裸足の季節」でレコードデビュー(同時期「サンデーズ」としても活躍)。デビュー曲はCMタイアップで火が付き、すぐに続けざまにヒット曲を連発。トレードマークであったヘアスタイルの「聖子ちゃんカット」や、新しいアイドルとしての生き方に関しても多くの話題を集めた。大宅壮一文庫創設以来の人名索引総合ランキングでは「松田聖子」が1位(2011年3月)となっており、「日本の雑誌にもっとも頻繁に登場した著名人」とされている。
39f1eba8

アイドル歌手としての松田聖子
歌手としては1980年の「風は秋色」から1988年の「旅立ちはフリージア」まで24曲連続でオリコンシングルチャート(週間)1位を獲得。
楽曲の制作には2年目の6枚目シングル「白いパラソル」以降作詞に松本隆を起用し、この後作曲家の選択も含め彼のプロデュース色が濃くなる、呉田軽穂名義で曲提供をした松任谷由実はじめニューミュージック系の作家が多い。
当時の人気の高さを端的に示す言葉としては「聖子ちゃんカット」と「ぶりっ子」が挙げられる。聖子ちゃんカットとはその名の通り、彼女の髪型を真似た髪型であり、当時の若い女性の間で大流行した。ちなみに「ぶりっ子」とは、当時の人気漫才コンビの春やすこ・けいこや山田邦子が、聖子が意識的に自分をかわいく見せようとしていることをからかった言葉であり、当時の流行語にまでなった。

4bbc55777757c2a252dec0fb0ff4f526

1985年に俳優の神田正輝と結婚し、一時休業するが間もなく復帰。現在でも主に歌手としての活動を続けている。神田正輝との間に生まれた長女はSAYAKA名義で歌手デビューしており、現在は本名の神田沙也加名義でミュージカルや舞台女優として活動。
1997年1月 神田正輝と離婚。
1998年5月 6歳年下の歯科医・波多野浩之と交際2か月で結婚。会った瞬間「ビビビッと来た」というコメントが流行語になる。
2000年12月 波多野浩之と離婚。
2012年6月13日、自身の公式ホームページにて一般男性と結婚したことを発表。
≫ 松田聖子 – Wikipedia

この記事に関するネット上でのコメント

【芸能】松田聖子離婚へカウントダウン “W不審な関係”が原因か!
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1431662843/

2:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/05/15(金) 13:08:22.85
わりとどーでもいい
3:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/05/15(金) 13:08:52.58
今更だけど 紅白 感動したw
5:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/05/15(金) 13:09:47.70
松田聖子 パンチラ (白) 乳首 おっぱいポロり 水着 放送事故 画像
松田聖子松田聖子

松田聖子

6:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/05/15(金) 13:09:48.34
1つのチ◯コじゃ満足出来ないのか
7:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/05/15(金) 13:12:35.14
全盛期はマジで女神だったな
8:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/05/15(金) 13:12:50.30
結婚して離婚するのが趣味なんだよ
10:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/05/15(金) 13:14:47.25

>聖子にとって3度の離婚はイメージが悪い。

今更w
3度目だろうが4度目だろうがかわらんと思うwwwww

11:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/05/15(金) 13:15:04.06
一つ前の旦那が波田野とかいう歯科医だったっけ?
現旦那とは別にもう一人医者がいたような気がしたけど?
16:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/05/15(金) 13:18:54.34

>>11
あれ×2だっけ?と思った
少なくとも×3ぐらいの感覚だった
途中に報じられながら結婚せずに別れたのがいたのかな

むしろ4度ぐらい離婚した方が箔がつくと思う
娘はたまったもんじゃないだろうけど

12:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/05/15(金) 13:16:20.36
最終的にはいくつ×がつくのか興味ある。
芸能人で前人未到の記録を作って欲しいわ。
13:こんにちはネトウヨです@\(^o^)/ 2015/05/15(金) 13:17:54.34
五月みどりみたいになってきたな。

五月みどり

14:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/05/15(金) 13:17:58.55
最後に郷ひろみとゴールインするんだろ

郷ひろみ

19:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/05/15(金) 13:19:34.59
この人今結婚してたんだw
Pocket

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

Page Top